スポンサード リンク

汗の仕組み1「汗って何?」

汗(あせ)は、難しくいえば哺乳類が汗腺から分泌する液体です。

汗は99%以上が水分ですが、塩分や尿と同じ成分を含みます。尿よりは大分濃度が低いですけどね。同じだったらそりゃあ大変です(笑)。

主に暑い時の体温調整や体内の水分量調整等のために分泌されます。

トウガラシなどカプサイシンを含むものを食べた時にも発汗します。トウガラシ系の食べ物を摂取したときのみに多量に発汗する人も結構多いのではないでしょうか?自分も3分後には洪水を引き起こします。

ここで重要な点として、、汗自体は無臭なのです

何が臭いを発生するか、それは皮膚に生息している細菌類が汗の成分を分解し、悪臭を発するようになるのです。

汗の機能として、汗が出るときには余分な熱が持ち出され、体温を下げて平熱を保つことができる。

汗を出す器官
・エクリン腺
体全体で200万個ほどあります。

・アポクリン腺
わきの下や性器周辺に集中してあります。この腺は毛穴から汗を出し、思春期に発達します。

暑いときや運動したとき全身から汗を出すのが温熱性発汗です。
緊張したとに顔、手のひら、わきの下、足の裏から出すのが精神性発汗です。
辛いものやすっぱいものを食べたとき顔から汗を出すのが味覚性発汗です。

運動していないときでも汗は出ています。その量は人によって様々ですが、寝ているときにも汗はかきます。起きた後に水分摂取がよく必要と言われていますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/46999417

この記事へのトラックバック
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。