スポンサード リンク

汗やにおい対策 スプレー編

汗やにおい対策といえば以下のようなものがあります。

1.わきの下専用汗パット
2.制汗剤やデオドラント剤をつける
3.汗をかいたらすぐに拭く(濡れタオルが効果的)

制汗剤やデオドラント剤には、目的があり、商品によって強い部分と弱い部分があります。これらの特徴を自分にあった形で選ぶのがよいでしょう。

1.汗自体をを抑える(制汗作用)
2.においやべたつきの元となる雑菌の繁殖を抑える(抗菌・殺菌作用)
3.においの発生を抑える(消臭・脱臭作用)
4.ごまかしの香りをつける(芳香作用)
5.汗を吸収する、ふきとる

 
わきの汗や汗臭さを自体が気になるのであれば、サラサラ感のあるスプレータイプやパウダータイプが良いでしょう。ふきとり用のシートがあると便利です。

においが気になる人は、制汗作用の高いタイプが良いでしょう。
 
それほどにおいが強くなれ毛羽、抗菌殺菌作用が高いスティックタイプやクリームタイプが効果的です。

香りタイプは、ワキガのにおいと混ざると逆にそれ以上に嫌なにおいを発生することがあるので注意しましょう。

しかし、上記の商品も、使いすぎると皮膚を傷めたり、汗腺のつまりを引き起こす場合もありますので、使いすぎには注意しましょう。

かければかけるほど、ぬればぬるほど効果が高くなるわけではないです。よくやってしまいがちですが。

また、成分が強いほど肌の弱い人にはダメージになることを注意・・・

汗は乾いたタオルでなく濡れタオルで拭く

汗をかいたとき、拭くのはタオルですよね。ではみなさん、どのようなタオルを使用しているでしょうか?

「乾いたタオル」を使用するのが一般的です。当たり前ですがそれが悪いわけではないです。

しかし、汗のにおいが気になる方は・・・

「濡れたタオル」で拭くようにしましょう。 

乾いたタオルでは、水分自体を除去するには効果的ですが、その他の臭いやべたつき成分は除去できません。結果皮膚の雑菌等は残り、増殖していきます。これがにおいの原因となります。

濡れタオルなら、そのようなにおい成分やべたつき成分を合わせて取り除くことが可能です。完全ではありませんが短期的な効果は高いでしょう。

なんかさっぱりもします。

タオルはしっかり絞って使用するようにしましょう。
スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。